保護犬.com

犬の殺処分0を目指して

「保健所」と「動物愛護センター」の違いとは?

約 2 分
「保健所」と「動物愛護センター」の違いとは?

「保健所」と「動物愛護センター」とは?

犬だけでなく、猫など、様々な小動物を中心に保護、管理をされている場所が「保健所」と「動物愛護センター」です。どちらも管轄は「厚生労働省」でして、国によって管理されております。

日々全国では、様々な動物たちが捨てられ、保護され、処分、殺されています。
「保健所」や「動物愛護センター」を非難する団体や個人がおりますが、無責任な飼い主たちの責任だと考えます。

ここでは「保健所」と「動物愛護センター」の違いをご紹介いたします。

 

保健所とは?

保健所とは、各市町村に存在しており、主に収容犬の情報や、里親募集は出すけどそれ以上の事(犬のケアや訓練、譲渡会など)はしない施設のことを指します。
保護されている動物たちは、ある一定期間保護すると、各都道府県にある「動物愛護センター」に移されます。

※ちなみに保健所では大ない小なり収容設備はあっても処分施設は持っていません

 

動物愛護センターとは?

動物愛護センターとは、各都道府県にある動物保護施設です。
こちらでは、保健所から移送されてきた動物たちを一定期間保護したのち、期間を過ぎた動物たちを処分する施設でもあります。

 

保健所と動物愛護センターの現状

全国の保健所、動物愛護センターの現状として、1日でも早く元の飼い主に見つかるように、新しい飼い主が見つかるようにと、期間延長をしている施設が増えてきております。

しかしながら、日々増える捨てられた動物たち。
施設にも人、場所の限界があり、やむなく動物愛護センターへ移送、殺処分の流れが現状です。

記者情報

保護犬.com
全国に保護されている保護犬の殺処分0を目指して、現在東京を中心とした支援活動を行っております。
スタートしたばかりですので、まだまだ至らない点が多いですが、誠意を持って情報発信、活動を発信していきます。

コメントはこちらからお願いいたします

*
*
* (公開されません)